カードローンで落ちた審査の再申込みは可能?

カードローンで落ちた審査の再申込みは可能でしょうか?

 

カードローン申込みで行われる審査に落ちてしまっても、再申込みは可能です。

 

しかし、安易に再申込みしてもカードローンの再審査通過は期待できません。

 

何も対策をしないまま、簡単に再申込みをしても同じことの繰り返しになってしまいます。審査に落ちたという事はそれなりの理由があるはずです。

 

審査に落ちた原因を改善しない限り、再申込みをしてもまた同じ結果になるでしょう。

 

まずはカードローン審査の結果について、なぜ落ちたか原因を考えてみましょう。

 

○ 信用情報にある過去の問題が削除されてから再審査を受ける

信用情報に残っている履歴には長期延滞、多重債務などの過去に金融トラブルのような問題があると、カードローンの審査は厳しくなるでしょう。

 

信用情報に問題があっても、登録期間が過ぎれば履歴情報は削除されることになります。

 

信用情報の問題が削除されてから、カードローンの再審査を受けると良いのではないでしょうか。

 

ただし、自己破産といった債務整理を行うと信用情報から削除されるまで最長10年かかってしまいます。

 

○ 他社借入は抑える

他社借入が多い方は、カードローンの審査に悪影響が出やすいです。

 

消費者金融カードローンは総量規制対象のため、他社借入額が年収3分の1近くまであると再審査通過は期待できません。

 

できるだけ他社借入を抑えてから、カードローンへ再申込みすると良いでしょう。

 

とはいえ、簡単に完済する事は難しいと思いますが、他社での借入れが複数あるなら、おまとめローンを利用するのもアリでしょう。

○ 勤続年数1年以上になるまで待つ

勤続年数が短すぎると、カードローン再審査に悪影響が出ることがあります。

 

なるべく勤続年数1年以上になるまで待ってから、カードローンへ再申込みしたほうが良いでしょう。

 

これが、正規雇用と非正規雇用では状況がかなり違ってきます。勤続年数が1年であっても、非正規雇用の場合は正社員などの正規雇用に比べて、審査への影響は厳しい事には変わりありません。

 

アルバイトやパートでは収入が不安定だったり、離職率も高いと判断されることが多いので、審査は厳しくなります。

 

○ まとめ

カードローンの審査に落ちた原因さえ解消できれば、再審査への通過が期待できます。

 

ただし、カードローンの審査に落ちた後、すぐに再申込みしても再審査通過は期待薄です。

 

半年ほど経ってから、カードローンへ再申込みしましょう。