キャッシングやカードローンの審査と職業の関連性

キャッシングやカードローンの審査と職業の関連性

 

キャッシングやカードローンで何故職業まで聞かれるのか、ご存知でしょうか。

 

審査において職業と返済力の関連性は深いからです。

 

キャッシングやカードローンの審査と職業の関連性について解説します。

 

・返済力は職業で決まる

キャッシングやカードローンの審査で職業が聞かれる理由は、返済力は職業が占める割合が高いためです。

 

同じ年収800万円でも、『国家公務員』と『夜の仕事をしている人』では返済力に大きな差が出てくるでしょう。

 

返済力は職業でもらえる収入に加え、安定性も細かくチェックされます。

 

・審査では何故職業の勤続年数を聞かれるのか

審査では勤続年数についても必ず聞かれます。

 

勤続年数が長い方が、離職等の可能性が減ると考えられるため、職業の勤続年数もキャッシング・カードローン審査での重要なチェックポイントです。

 

大きなローン審査に通るには、職歴が長いというのは重要なチェックポイントです。

 

・職業以外に重要な審査項目

職業と同じ位審査において重要になってくる項目は、借入先件数です。

 

借入先件数が多いと、職業が安定的でも審査に落ちる事が多くなります。

 

これは借入先件数が多いと、貸し倒れや資金ショートの可能性が高まる為です。

 

カードローン・キャッシングの為に職歴を長くすることは出来ないでしょうから、貸し倒れ件数を減らすといいでしょう。

 

カードローン・キャッシング審査は職業に多く左右されます。

 

職業だけで全てが決まるわけでは有りませんので、不安定な職についていると感じる人は他の項目をよくしましょう。