ノンバンク系と銀行のカードローンはどう違う?

ノンバンク系と銀行のカードローンはどう違う?

 

ノンバンクという言葉は、聞きなれない人にとって違和感がある言葉かと思います。

 

ノンバンクの意味、ノンバンク系のカードローンと銀行のカードローンではどう違うのか解説しましょう。

 

・ノンバンクとは銀行じゃないお金を貸す機関

ノンバンクの意味は「銀行じゃないお金を貸す機関」のことを言います。

 

銀行は銀行法が適用されますが、銀行以外のお金を貸す機関は貸金業法が適用され、明確に線引きがなされています。

 

キャッシングが出来るクレジットカード、リース会社もノンバンクです。

 

・ノンバンク系と銀行のカードローンはどう違うのでしょうか

銀行カードローンは銀行が提供しているカードローンのことを言います。

 

お金の出し手が銀行なので、法律も銀行法が適用されるわけです。

 

それに対し、ノンバンク系のカードローンとはノンバンクがお金の出し手となるカードローンになります。

 

・銀行資本のカードローンはノンバンク?

大手消費者金融の大半に、現代では銀行資本が入っています。

 

銀行資本が入っていても、銀行が直接貸しているわけでは無いので、ノンバンクになります。

 

ノンバンク系カードローンの方が法律は緩いので、即日融資などスピーディーな融資が可能です。

 

銀行カードローンは保証会社を付けて外部に信用リスクを逃がさないと営業できませんが、ノンバンクは資本規制に縛られることなく融資可能なため、審査が簡単になります。

 

こうしてみるとノンバンク系のカードローンと銀行のカードローンはほとんど別物と言って良いでしょう。

 

急ぎの融資を受けたい時は、ノンバンク系のカードローンを選択するのが最善の方法と言えるのではないでしょうか。