カードローンを利用すると信用情報に傷が付く?カードローン利用の注意点とは?

カードローンを利用すると信用情報に傷が付くのか?

 

カードローンの利用をしたいけど、信用情報に傷が付くのが怖いと感じる人は多くいます。

 

カードローンを利用すると、信用情報に傷がつくのか、カードローン利用の注意点について学んでいきましょう。

 

・通常の利用の範囲内なら信用情報に傷がつかない

信用情報に傷が付くとは、延滞や滞納などで信用情報機関にキチンと返済していない事が記録される事です。

 

カードローンで借りて、キチンと返済をしている内は信用情報に傷が付く事はありません。

 

・傷以外でも住宅ローンとかにも影響して来ない?

昔はカードローンの利用をしている人は、浪費家として住宅ローン審査が通りにくいとされていました。

 

現在は銀行もカードローンに寛容になっていますので、カードローンを利用しているからといって直ちに住宅ローン審査が通らなくなるわけではありません。

 

ただし、カードローン利用がない方がより審査に通りやすくはなりますので、住宅ローン審査など重要な審査の際はカードローンを完済して、解約してから臨むといいでしょう。

 

・カードローン利用の注意点、完済したら解約

カードローン利用をする際の注意点としての、完済したのにまた使う事もあるかもと思ってカードを持ち続ける事です。

 

カードを解約しないままお財布にもっておくと、ちょっと困った時に手軽に借りてしまい浪費しがちです。

 

他のローン契約をする時もマイナス査定される事がありますから、完済したカードは一度解約する癖をつけてください。

 

カードローン利用をしても、すぐに傷が付く事はありません。

 

返済遅れや延滞などをすると傷がつきます。

 

返済遅れや遅延は絶対に行わないようにしましょう。