カードローン審査の際、在籍確認は携帯でも可能?

カードローン審査の際、在籍確認は携帯でも可能?

 

消費者金融カードローンの申し込みをためらう要員として在籍確認の電話連絡が勤務先にかかってくる点があげられます。

 

職場で揉め事の要因となる可能性もある消費者金融からの職場への在籍確認。審査の中でも特に重要で、申し込みの段階で入力した勤務先情報に間違いがないかを確かめる為に直接電話をかけるのですが、在籍していることを証明できないと無担保・無保証人でできるカードローンを契約する事はできないのです。

 

とはいえ、大手消費者金融のように健康保険証や社員証など勤務先名が表示してある証明書類で在籍確認の電話の代わりにしてもらえるケースもあります。ですが、それまでの審査内容によっては、電話なしを希望してお願いしても受け付けてもらえない事もあります。

 

そもそも在籍確認の電話は、勤務先の職場に電話をして申し込み本人、または同僚の方が電話対応して申し込み者が在籍している事を確認することで完了する審査になります。

 

そのため、職場に電話をかけることが重要なのです。

 

職場にもいろいろと種類がありますが、在籍確認の際には事前に申込書に書かれた電話番号が勤務先として記載された会社のものかを電話帳などで確認しているようです。

 

架空の勤務先を書くことで審査を通そうとする人も時にはいます。嘘の申し込みを受けてしまう事を避ける為の確認は必須なのです。

 

つまり、携帯電話の番号で、それを会社の電話だと言われても消費者金融としては簡単に納得できません。

 

とはいえ、実際に携帯電話が会社名義のものも中には存在します。携帯の電話番号以外に連絡手段がなければ仕方ありません。

 

ただし、そのような携帯電話を持っているのは会社の代表や役員の方であり、申込者本人ではないはずです。

 

そのため、携帯電話に連絡をして会社名を名乗ってもらわないと、本当にその携帯電話が会社のものかどうかを確認することはできないでしょう。

 

もちろん、その携帯電話に申込者本人が出てしまったら、携帯電話が会社のものかどうかが更に疑われることとなり、審査に通らない可能性が高いです。

 

カードローン審査の在籍確認を携帯にかけてもらうのは問題が多そうです。