カードローンでの自動審査とは?その仕組みについて紹介

カードローンでの自動審査とは?その仕組みについて紹介

 

カードローンの審査は人の手で行わず、自動審査で行うとされています。

 

自動審査に合格しなければ、カードローンで融資を受ける事は当然できません。

 

重要な自動審査について、その仕組みを紹介します。

 

・自動審査の仕組みを理解する

自動審査とは、あなたの状況をそれぞれ点数化して合計点で合否を決める審査を言います。

 

申し込みの際に、
◯年収
◯勤続年数
◯雇用形態・職業
◯年齢
◯借入先件数
◯居住年数
等を入力していると思います。

 

これらの1つ1つの項目の優劣で点数化して、合計点が上回っている人だけ合格させるのが自動審査です。

 

一つの項目だけではなく、総合点で評価されるのが自動審査となります。

 

・自動審査の点数の付け方

上記のスコアリング審査の項目は全部一定の点数が割り当てられるわけではありません。

 

年収の最高点数が30のイメージだと、居住年数は5?10のイメージです。

 

このウェイトは金融機関によって変わってきます。

 

ウェイトが高い項目は、年収、勤続年数、雇用形態、借入先件数になります。

 

審査に通りたいのであれば、ウェイトの高いところを重点的に良くしましょう。

 

・総合点なので少しくらいダメでもいい

『転職したばかりで勤続年数がほとんどない』ので審査が不安という人も中にはいるでしょう。

 

1つくらいダメでも他でカバーできていれば審査に通ります。

 

審査を有利に進めるため、改善だけは行いましょう。

 

カードローン審査の自動審査は重要です。

 

仕組みを理解して、カードローン審査の突破を目指して下さい。