カードローン返済方法、種類別それぞれのメリット・デメリットとは?

カードローン返済方法、種類別それぞれのメリットとデメリットとは?

 

カードローンの返済方法、口座引き落とし、ATMからカードを使って返済、銀行振り込みで返済といくつか種類があります。

 

それぞれのメリットとデメリットについて解説します。

 

・口座引き落としのメリット、デメリットは?

口座引き落としのメリットは返済日を忘れない事です。

 

給料振り込み口座を引き落とし口座にしておけば、お金が残っている限り必ず返済を行います。

 

返済日を忘れていても、引き落としができるのは口座引き落としの大きなメリットです。

 

一方で口座引き落としでは最低返済額しか引き落とされません。

 

引き落としになっているから安心だと放置していると、いつまで経っても返済が終わらないことも。

 

いつの間にか利息が積もってしまう可能性があるのが口座引き落としのデメリットです。

 

・ATMからカードを使って返済のメリット、デメリット

ATMから返済するメリットは、今の残高が見える点です。

 

繰り上げ返済も容易なので、余ったお金があればガンガン返済できるメリットがあります。

 

デメリットは返済日を忘れやすい点です。

 

人間は忘れる動物ですから、うっかりミスが出やすいのはATM返済のデメリットです。

 

他にも手数料がかかることがあるといったデメリットも発生するかもしれません。

 

・銀行振り込みのメリット、デメリット

銀行振り込みのメリットは、ネットの振り込みを使えば家にいながら返済できる点です。

 

暑い日、寒い日、家で快適に行えるのは銀行振り込みのメリットと言えるでしょう。

 

一方でデメリットはATMと同じで返済日を忘れやすい、手数料がかかるといった点です。

 

一番いい返済方法は、最低返済額は口座引き落としにして、お金が余ったら手数料のかからない方法で繰り上げ返済する方法になります。

 

これならそれぞれのメリットばかり受ける事が可能です。

 

これからお金を借りる人は、是非試してみてください。