学生証だけ用意すれば学生はカードローン利用は可能?

学生証だけ用意すれば学生はカードローン利用は可能?

 

金融機関でお金を借りる時には、身分を証明出来る物の提出が求められます。

 

身分証明書には、運転免許証や保険証、パスポート、住基カードがあるのですが、学生の方では学生証をお持ちですよね。

 

では、カードローンを利用してキャッシングをする際には学生証の提示で契約してもらえるのか解説します。

 

学生証は本人確認書類としてはNG

専門学生、短大生、大学生が持っている学生証では、銀行や消費者金融でお金を借りることが出来ません。

 

大手の銀行や消費者金融のカードローンについて、対応している身分証明書類には学生証の記載がないんです。

 

その理由としては、学生証は公的な身分証明書類として扱っていないといことが挙げられます。

 

学生でも借り入れは出来る!

学生だからといって全くキャッシングが出来ないという訳ではなく、年齢がカギになります。

 

学生の中でも20歳未満の場合には、法律上の問題で断られてしまうので、成人するまでキャッシングが出来ないんです。

 

20歳以上になれば、銀行や消費者金融からの借入が可能になります。

 

しかし、安定した収入があることが条件になりますから、アルバイトやパートをしている方なら銀行や消費者金融で借り入れしやすくなるんです。

 

学生OKの場合は金額が低く設定されている

なかには学生OKと広告を出している消費者金融もあります。

 

しかし、社会人が利用しているような利用枠を与えられることはなく、限度額が10万円ていどになることが多いようです。