カードローンの在籍確認の電話、自分が不在でも大丈夫?

カードローンの在籍確認の電話、自分が不在でも大丈夫?

 

消費者金融の在籍確認で気になる点として職場への在籍確認の電話が挙げられます。

 

何かとトラブルの原因になりかねない職場への在籍確認ですが、無担保融資のカードローンである以上、審査では職場で確実に働いている確証が欲しいのです。

 

大手消費者金融のプロミスのように職場への在籍確認の電話に代えて、健康保険証や社員証などの確認で在籍確認を済ませるケースも増えていますが、転職の多い方などはそれだけでは不安があることも事実です。

 

しかし、在籍確認の電話があっても、自分が会社にいなければ電話をしてもらっても在籍確認は成立しません。

 

また、大手消費者金融では無人機での契約も増えていますが、出張ついでに消費者金融の申込を無人機店舗でした場合、在籍確認の電話を会社にしても本人がいるはずがありません。

 

この場合、本人が電話に出なくても、本人が留守であることが確認できれば在籍確認の目的は達せられたと判断している例が多いようです。

 

在籍確認の目的は、あくまでも申込者がその会社で勤務していることの確認ですから、勤務していることが何らかの手段でわかればいいのです。

 

そのため「出張でいません」という回答があれば十分なのです。

 

ただし、最近は個人情報の関係でそのような回答すらしてくれないことが増えています。また、私用電話自体を取り次いでくれないことも少なくありません。

 

在籍確認の電話は担当者個人名でしているため、個人情報保護を徹底している会社にとっては「怪しい電話」と判断されてしまうのでしょう。

 

この場合、本人と連絡を取り、会社にいる時間帯を確認するか、健康保険証などの確認で在籍確認を済ませることになります。

 

一部の消費者金融のように書面で在籍確認ができればいいのですが、完全に在籍確認の電話を省略できる体制はなっていないようです。